kubectl で gitlabをインストールして画面を表示するまで

はじめに

本記事では、kubectl など一通り初期設定を終えたあとに、何かしらのWEBサービスをkubectlで立ち上げてみたいという方を対象にしています。本記事を書くきっかけとなったのはCIPSSの資格維持のためという側面もあり、また自分自身に対する備忘録という意味もあります。お役に立てれば幸いです

対象読者

・kubectl をご自身の環境で叩いてみたことがある人

・何かしらのwebサービスをhelmなどを使わずに立ち上げてみたい人

を対象にしています。本記事ではkubectl などのコマンドは一通りそろっているという、前提で最低限の構成にします。

kubectl create deployment でデプロイメントを作成

# kubectl get deployment

NAME READY UP-TO-DATE AVAILABLE AGE
gitlab 1/1 1 1 14m
nextjs 1/1 1 1 19m
nginx 1/1 1 1 21h
redmine 1/1 1 1 29m
wordpress 1/1 1 1 4h28m上記のようにデプロイメントで redmineが作成されます

kubectl create service でサービスを作成

# kubectl create service nodeport gitlab --tcp=80:80
service/gitlab created

上記のコマンドで、サービスを作成します。

kubectl get services
NAME TYPE CLUSTER-IP EXTERNAL-IP PORT(S) AGE
gitlab NodePort 10.105.202.66 <none> 80:31283/TCP 18m
kubernetes ClusterIP 10.96.0.1 <none> 443/TCP 7d17h
my-release-grafana2 NodePort 10.105.105.127 <none> 80:32417/TCP 21h
nextjs NodePort 10.104.138.181 <none> 80:31600/TCP 22m
nginx NodePort 10.96.210.123 <none> 80:31457/TCP 14m
redmine NodePort 10.107.186.32 <none> 80:30461/TCP 30m
wordpress NodePort 10.100.75.193 <none> 80:31075/TCP 4h30m

上記では31283を見せているので、自分のサーバのローカルIPのポートをしていしてブラウザを開きます

とはいっても、コンテナの中にはいらないと、gitlabは初期root パスワードがわからないので、シェルに入ります

kubectl exec -it pod名– bash でシェルに入る

<code>root@david-minipc:~# kubectl get pods<br>NAME                         READY   STATUS    RESTARTS      AGE<br><strong>gitlab-77c86dccd6-b2lbx      1/1     Running   1 (15m ago)   27m</strong><br>nextjs-cfc7c9755-r5z9j       1/1     Running   1 (16m ago)   32m<br>nginx-7854ff8877-n22c7       1/1     Running   1 (16m ago)   21h<br>redmine-79c56d9785-nzg8b     1/1     Running   1 (16m ago)   42m<br>wordpress-59866668f6-99tfj   1/1     Running   1 (16m ago)   4h41m<br>root@david-minipc:~# <br>root@david-minipc:~# <br>root@david-minipc:~# kubectl exec -it gitlab-77c86dccd6-b2lbx -- bash</code><br>

上記を見るとgitlabのpod名はgitlab-77c86dccd6-b2lbx なので

kubectl exec -it gitlab-77c86dccd6-b2lbx — bash 

コマンドでシェルに入ります 

シェルに入れば、下記のように /etc/gitlab/initial_root_password  で初期パスワードがみれますので、root でそのパスワードを使えばログインできます

root@gitlab-77c86dccd6-b2lbx:/# more /etc/gitlab/initial_root_password 
# WARNING: This value is valid only in the following conditions
#          1. If provided manually (either via `GITLAB_ROOT_PASSWORD` environment variable or via `gitlab_rails['initial_root_password']` setting in `gitlab.rb`, it was provided before database was seeded for t
he first time (usually, the first reconfigure run).
#          2. Password hasn't been changed manually, either via UI or via command line.
#
#          If the password shown here doesn't work, you must reset the admin password following https://docs.gitlab.com/ee/security/reset_user_password.html#reset-your-root-password.

<strong>Password: yW1HONKCx3UhZg37mjxbLsdfsfdsdfFSXBVZ1jC/I=</strong>

# NOTE: This file will be automatically deleted in the first reconfigure run after 24 hours.

上記パスワードは24時間で削除されてしまうのでご注意ください。問題なければ下記のようにログインできるはずです

最後に

ログインできるところまでできれば、あとは自由に使うことができると思います。もちろんクラウド版のgitlabやgithubを使うのもいいですが、自分でインフラを構築して理解するという意味では、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です