CISSPに合格した後

はじめに


CISSPを広めるために「自分に何ができるのか?」考えるだけではなく、
CPE(資格を維持するために必要な単位)を3年間で120単位とらなければならいので
しばらくの間、1か月に1記事程度 CISSPやセキュリティに関する記事を更新していこうかと思います

試験はどうだったのか?


2022年2月に英語で受験しました。正答率が高い人は150問あるうちの100問程度で
自動的に試験が終了すると聞いていましたが、私は4時間時間いっぱいいっぱいかけて
150問すべて回答しなければなりませんでした。
帝国ホテルのビルの一室で試験を行いましたが、荷物をまとめて試験室を出る際にすでに受付で
プリントアウトしているのが見えたので「ああ、合格したのだな」と思いました。
4時間トイレにもいかず、集中したのでくたくたでしたが、「一生懸命勉強しておいてよかった」
と心から感じました。

資格認定に必要な情報(リファレンスなど)


試験に合格するだけでは、資格認定はされません、リファレンスという推薦者が必要です
試験合格後に、メールで下記のようなものが届きまして、資格認定に必要なEndorcement (承認、推薦の意味)のプロセスについて案内があります。このEndorcement のプロセスが結構大変で、自分の経歴などを英語で事細かく書かなければならなかったりします。英語が苦手な人は、Google 翻訳に頼るのも手だと思います

資格証明書が届く


結構ちゃんとした封筒に立派な証明書が届きます。試験合格から3か月後くらいだったと思います。
PMPに合格した時の資格の証明書はなくしてしまいまして、単位もとっていないので、PMPに関しては資格保持の活動は一切行わずに終わっています。

CPE単位取得の準備を始める


PMPでは資格を維持するための単位取得のために結構なお金を払わなければならなかったと思います。
CISSPについては、いろいろ動画などが用意されていて、それらが無料で提供されています。
別の記事で、その動画に関する感想などを書いてみたいと思います。現時点では22単位ほど取得しています

今後のこと


このブログを用意したのも、CISSPに関する記事を書くためです。
幸い自分がCISSPの勉強をする際にため込んでおいた、ONENOTEの内容が大量に残っているので、その記録を吐き出しながら記事にしていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です